ネズミが持つ病気

・咬まれて感染
ネズミは基本的に人間を避けますが、寝たきりの老人や赤ちゃんなど、動かない人間に対して、噛み付くことがあります。傷自体は軽くても、そこから病気が感染する可能性があります。「鼠咬症」と呼ばれる病気です。鼠咬症のウイルスを持つネズミに噛まれた場合、発症する可能性があります。5~2週間程度で発熱や頭痛と言った症状が現れ、咬まれた傷が再び腫れあがります。合併症として、気管支炎などを引き起こすこともあります。抵抗力の弱い方は特に注意が必要です。赤ちゃんやお年寄りのいる家庭でネズミを発見した場合は早急にネズミ駆除の業者に駆除依頼をしましょう。

・排泄物から感染
直接接触がなくても、ネズミが残したフンや尿から感染する病気があります。1つはレプストスピラ症、ドブネズミの排泄物に汚染された土や水には、レプストスピラ菌が繁殖します。この菌に感染することで発症し、高熱や黄疸、筋肉痛などの症状があらわれます。公園や庭などでの水遊びから感染したケースもあり、注意が必要です。もう1つはサルモネラ症です。これは、ネズミの排泄物に含まれるサルモネラ菌が体内に入ることで感染します。嘔吐や下痢などの急性胃腸炎や高熱を引き起こし、最悪の場合は死亡することもあります。ネズミの排泄物には命にかかわる病原菌も含まれています。ネズミのサインを家の中で発見した場合は、すぐに業者に依頼しネズミ駆除をしてもらいましょう。

・寄生虫から感染
ネズミに寄生しているダニなどから感染する病気もあります。ツツガムシ病とよばれ、ダニの一種であるツツガムシから感染する病気です。ツツガムシに体液を吸われることで発症する恐れがあります。1~2週間ほど高熱が続き、頭痛や腰痛をともないます。治療が遅れたために死亡したケースもある恐ろしい病気です。これらの寄生虫は宿主であるネズミが死亡すると次の宿主を探します。ネズミ駆除を行う場合、同時にこれらの寄生虫の駆除も必要になるでしょう。